ディスコグラフィ -Discography-

新しいCD「一中節を辿る(壱)思無邪(しむじゃ)」がリリースされました!
古典の中の古典といわれる一中節の高度に洗練された美意識を継承する一中節宗家十二世都一中が、伝承する曲すべてをCDシリーズ化していきます。
第一巻は芥川龍之介作詞の「恋路の八景」と、能を超える芸術性を追求した「鉢の木」の2曲を収録。
1枚2,500円(税込)。お求めは各演奏会会場にて。

またはinfo@itchu.jpまでお申込み下さい。
タイトルの「思無邪(思い邪無し)」は、天に近い道として音楽を最も重要と考えた孔子が楽人に与えた言葉。
「心情をありのままに吐露していつわり飾ることがない(広辞苑)」という意味で、都一中の座右の銘です。

音楽を通してすべての邪念をはらい、ありのままの心をお伝えできればという願いが込められています。